実際の体験談をご紹介

主婦でもお金を借りれました。(女性/30代)

女性/30代

私は週に3回のパートをしている30代の主婦です。

結婚する前は事務系の仕事をしていましたが、出産を機に退職しました。
幼稚園生と2歳の子供がいるので、まだ正規雇用では働けません。

夫の給料は少なく、手取りは約20万円ぐらいです。

また昨年、自宅を購入して家のローンもあるので、毎月の生活費はマイナスになってしまいます。
私の悩みは、ずばり「生活費が足りないこと」です。

家のローンや光熱費、通信費などは引き落としにしているので、食費や日用品などで節約しなくてはなりません。

しかし、夫と子供がよく食べるので、食費が掛かってしまうのです。

そんな中でも、急な出費が多い時期には貯金から出していたのですが、
ついに貯金がなくなってしまい、三菱UFJ銀行でお金を借りることにしました。

銀行のキャッシングを選んだ理由は、他よりも低金利で自由用途でも利用できるからです。

教育ローンや車のローンよりは気軽に借りられるので選択しました。
なお、借りる額はなるべく少額にしており、毎月約1~5万円程度にしています。

ただ、親戚の結婚式に出席した時は約10万円を借りましたよ。

初めは銀行であってもキャッシングすることが怖かったのですが、
返済のシミュレーションを行い、無理しないように借りることを意識しています。

出費が重なった時にはとても役立ちますし、心の余裕が持てて良かったです。

また、今まではお金がピンチの時は両親や親戚に借りようかと迷っていました。

しかし、家族であってもお金の貸し借りはトラブルになるかもしれないので、
銀行のキャッシングを利用して正解だなと思っています。

数あるキャッシングの中でも、銀行系で口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

  2. 福岡銀行カードローン

    パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でもOK、口座開設を推奨、最大手の地方銀行

その他の体験談

銀行系のカードローンはおすすめ?

保証人や担保なしで借りられるところといえば消費者金融系を思い浮かべる人が多いですが、
銀行系でも無担保のカードローンの取り扱いがあることをご存知でしょうか?

銀行の融資といえば住宅ローンのような高額なローンを連想されやすいですが、実際にはカードローンも非常に便利です。

こちらでは、銀行系カードローンの特徴や消費者金融系との違いなどを紹介していきます。

カードローンとキャッシングはどう違う?

銀行系カードローンは根強い人気がありますが、そもそもカードローンとキャッシングには違いがあるのでしょうか?

一般的には銀行系の無担保融資をカードローン、消費者金融系の同等のサービスをキャッシングと言います。
しかし、イメージアップのためにキャッシングではなく、カードローンと命名している消費者金融系も一定数います。

両サービスの内容にほとんど違いはなく、どちらも短期間の借り入れを想定したサービスで、
有担保ローンと比べて利率が高い半面、保証人や担保などを提供せずに現金が借りられるのです。

また、その利用形態も特徴的です。

通常のローンは必要な金額だけをまとめて借り入れて、その後長期的に利息と元本を返済し続けていきます。
一方、カードローンでは利用限度額を設定し、その範囲内であればいつでもいくらでも、自由に借り入れや返済ができます。

普段から現金が足りないときに少し借り入れをすることが多い人にとっては、利便性や利率などを見ても使い勝手が良いサービスです。

銀行系カードローンの特徴

数あるキャッシングやカードローンの中でも、銀行系のサービスが特徴的なポイントがいくつかあります。

まず、資金力が豊富な銀行系ならではの特徴として、利用限度額の上限が大きいこと、
利率が低めに設定されていること
が挙げられます。

一般的なカードローンやキャッシングは、無担保で融資をするという性格上、数十万円程度の少額融資を前提としています。

しかし、銀行系カードローンでは利用者の資力や信用度に応じて、数百万~1000万円単位の融資でも可能になっているのです。
そして、安心感という意味でも消費者金融よりアドバンテージがあります。

消費者金融系は数が多すぎてどこが良いのか分かりにくいですが、
銀行系は基本的に丁寧な接客をしているところが多く、申し込みがしやすい雰囲気です。

また、提携のATMが多いため突発的な借り入れもしやすくなります。

加えて、総量規制の影響を受けない点も特徴的です。
消費者金融系のキャッシングの場合、利用者の年収の3分の1を超える金額は融資してはならないという総量規制の縛りがあります。

しかし、その規制は銀行系には適用されないため、年収に関係なく銀行側の判断で融資額を決められます

とはいえ、やはり年収を基準として総量規制の範囲内で、任意に利用限度額を定める銀行がほとんどです。

カードローンを利用するときの注意点

銀行系カードローンは低金利や豊富な資金力、安定性など様々な魅力がありますが、申し込むときには注意すべきポイントもあります。

まず、消費者金融系と比べると安定性を求める金融機関が多いため、審査が若干厳しくなっています
審査内容は消費者金融系とほぼ同じで、申し込み内容や信用情報の調査、在籍確認の電話などが代表的です。

ただし、判断基準が厳しくなっており、同じ人でも消費者金融では借り入れができて、
銀行系では融資を断られたというケースも見受けられます。

また、利用限度額の上限が高額とはいえ、個人ごとの利用限度額は銀行が独自の基準で判断します。

予定よりも少額しか借りられなかったという人もいるため、いくら借りられるかによって他の案を考えましょう。
さらに、融資スピードは消費者金融系よりも遅くなります

急いで現金が必要な人はプロミスSMBCモビットなど、即日融資の消費者金融系を選ぶ選択肢もあります。

借入の申し込み方法

銀行系カードローンを申し込むときには、どのような方法があるのかを調べておきましょう。

地方銀行のようにサービスを提供するエリアが限られている所などでは、本支店窓口での申し込みのみの場合もあります。
一方で、ネットバンクのように全国展開で営業をしているところでは、オンラインによる申し込み受付やプラン変更も可能です。

借り入れの申し込みの流れは消費者金融系のカードローンとほとんど同じで、
まず、所定のフォームに住所氏名や生年月日、借り入れ希望額などを記入します。

その後、本人確認書類を提出すると、しばらくしてから審査結果が表示されます。

消費者金融系はここまでの手順を数十分で終えることもありますが、銀行系では翌日以降に持ち越されることもあるため、
急いで現金が必要な人は前もって融資までの所要時間を確認したほうがいいでしょう。

審査を終えると契約内容が提示され、その内容に問題がなければ金銭消費貸借の契約を結びます。

その後、融資額が振込などによって実行され、月に1回程度のペースで返済を続けることになります。

初心者でも利用できる?

銀行系カードローンは、借金をしたことがない人にとっては安心して借りられるおすすめのサービスです。

消費者金融系のカードローンでは、業者選びに手間がかかるだけでなく、
利率がやや高めになることで長期的に負債を抱えやすくなります。

しかし、銀行系カードローンならば、かなり低い利率での融資でが可能です。

高額な借入をしたり、長期的に返済を続ける人でも利息が少ない分元本に充当しやすくなり、短期間で完済できるでしょう。

借金をしたことがない人の場合、長期的な滞納や債務整理などによる
ブラックリスト入りの心配もありませんので、カードローンの審査にも通りやすくなります。

むしろ、借入経験がない人のほうが理由不明のブラック入りにならない分強みと言えます。

手続きが簡便な消費者金融系よりも銀行系のサービスに魅力を感じるのであれば、積極的に申し込んでみましょう。

申し込み手順に関しても、窓口に直接申し込みに行くか、オンラインの窓口を使えばほぼ迷うことなく手続きができます。

長く利用したいなら銀行系がおすすめ

このように、銀行系カードローンは銀行ならではの安心感や金利の低さが魅力的な商品です。

まとまった金額の借入を検討している人や、長期的に借入を続ける予定がある人にとっては、
低い利率で借りられることで大幅な負担の軽減にもつながるでしょう。

トータルの支払額を少なめに抑えたいのならば、銀行系カードローンを利用してはいかがでしょうか。